空き家を相続で引き継ぐ注意点

遺産相続の無料相談はこちら

空き家を相続で引き継ぐトキの注意点について

遺産を相続するときに親の家を引き継ぐことはよくあることです。

 

それも親がすべてなくなって現在は空き家になっていることはケースとしてよくあり、今ではこの空き家の状況が深刻な社会問題になっています。

 

つまり空き家にすることによって生じる犯罪の問題においても、資産としてもこの状況を放置しておくことはリスクが大きいです。

 

そして親の不動産を取得した以上の様々な維持費がかかります。

 

 

空き家を相続したときの経費

固定資産税はかならず毎年収めることになります。

 

そして家屋の火災保険料です。

 

これはいくら住んでいないといっても火事をおこす可能性があります。

 

もしその親の家が出火もとにでもなれば、場合によっては他の家を損傷したことでの、火災での被害賠償を求められることもあるため、火災保険の加入は絶対に必要です。

 

そして相続税も場合によっては支払うことになります。

 

これからの経費が、ずっと掛かるものもあり、相続した家計には負担になります。

 

この負担を軽減するために売却するという方法もあります。

 

がしかし、なかなか想定している価格では売れることが少なくありません。

 

そして

 

たいていは不動産仲介業者に二束三文で売却してしますことが多い

 

空き家を賃貸で貸家にする場合

ではもっとも現実的な方法として、貸家にして賃料をえてそれを維持管理費に充てるということで、空き家にすると確実に家は使用しないので痛みます。

 

ですので老朽化を防ぎ、かつ維持を負担なくしていくために最適で、空き家になって防犯上の問題が生じるよりずっといいです。

 

ただしこの方法には、問題はあります。

 

それは貸物件として成立するほどニーズのある不動産かどうかです。

 

そしてひとたび貸家にすると、自分が住みたくなった時に相手を退去させるの手続きが大変です。

 

このように空き家であるものを相続する際には、家を維持していくにはさまざまな注意点があります。

 

実際相続は始まったとき、取得することによるメリットデメリットもよく考えて、空き家になった親の家を引き継ぐべきです。

 

 

⇒【遺産相続】親の面倒を見ているアナタが不幸にならないために...

PAGE TOP



【スポンサードリンク】