遺産相続 手続きの流れと税金のかかる場面

遺産相続の無料相談はこちら

遺産相続手続きの流れと税金のかかる場面

遺産相続の際には沢山の手続きと多くの時間がかかります。

 

なので、

 

被相続人の意思を尊重した上でいかに早く手続きを進めるかがポイント

 

となります。

 

  • 生前に贈与していた分
  •  

  • 死後に初めて出てくる遺産
  •  

  • 死後に初めて出てくる負債

 

によって余計に時間のかかる場合も有ります。

 

更に遺産相続と税金問題は密接な関係が有りますので、相続税の申告に対しては正確な遺産相続の手続きをしなくてはいけません。

 

遺産相続の流れ

遺産相続の流れとしてはまずは

 

法定相続人の確定と負債を含めた相続財産の総額の確定

 

することになります。

 

もし相続の放棄の手続きを希望する相続人がいる場合は、放棄の手続きを行います。

 

そして残りの相続人によって、遺産分割協議が行われます。

 

遺産の分割協議

遺産分割協議では生前贈与分で、

 

  1. 相続税課税対象になる分も含めて被相続人の意思を尊重しながらも

  2. 法定相続人の最低限の権利である遺留分の確保も考えながら、

  3. 相続人全員の合意を得られる様な遺産分割を行っていきます。

 

そして相続人全員の署名と捺印が行われた時点で、遺産分割協議で決められた内容は有効になります。

 

その後、分割された遺産の評価額に合わせて

 

速やかにそれぞれの相続人の住所の税務署に相続税の申告と納付

 

を行わなければいけません。

 

遺産総額が大きい場合は、納税額も大きくなります。

 

この場合は、税金問題と遺産分割は合わせて考えなければいけません。

 

 

⇒【遺産相続】親の面倒を見ているアナタが不幸にならないために...

PAGE TOP



【スポンサードリンク】