実家を高く売る

遺産相続の無料相談はこちら

実家を高く売る方法について

やじるし親が介護施設に入居した

 

やじるし親が死去した

 

などの理由で、誰も実家に住まなくなった場合、実家を高く売ろうと考える人は多いと思います。

 

しかし、介護施設に入っている親が家に戻りたいと言う可能性がある上、実家というものに対して思い入れが強く、なかなか売却に踏み出せない人が多いのが現状です。

 

しかし、仮に実家を空き家の状態で維持しようと考えた場合、建物や庭のメンテナンス費用がかかるのはもちろん、自治体に「特定空き家」に指定されてしまうと固定資産税が大幅に上がるため、経済的な負担がとてつもなく大きくなります。

 

今後住む予定がない場合は

今後、実家に住む予定がない場合は、思い切って家を売るのも一つの方法です。

 

家を売ってしまえば、まとまった資金が出来るだけでなく、無駄な維持費をかけなくても済むようになります。

 

さて、実際に家を売る時は、いくらで売ることが出来るのか不動産会社に査定を依頼します。

 

ここで、より家を高く売る方法があります。

 

それは、複数の不動産会社に査定を依頼すること。

 

車の査定と同じく、家の査定も不動産会社によって提示する売却額が異なるため、より高く家を売るためには1件だけでなく、複数件の不動産会社に査定を依頼しましょう。

 

最も簡単な方法は、インターネットの「不動産無料一括査定」を利用することです。

 

この方法をとることで、自分の家をより高く査定してくれる不動産会社に出逢える可能性が高くなる上、それぞれの不動産会社の対応の善し悪しも把握出来ます。

 

ただ、必ずしも最高額を提示した不動産会社が良い会社であるとは限りません。

 

たとえどんなに高い売却額を提示されたとしても、担当者の感じが悪かったり、売却時の仲介手数料が高額に設定されている場合は、別の不動産会社を検討することをおすすめします。

 

また、あまりに相場より高い売却額を提示された場合も同様です。

 

あまりに相場とかけ離れた金額では、買い手がつかない可能性が高くなるためです。

 

▼試しに実家の査定を依頼してみる▼

 

 

⇒【遺産相続】親の面倒を見ているアナタが不幸にならないために...

PAGE TOP



【スポンサードリンク】