実家の売れにくい土地を売る

遺産相続の無料相談はこちら

実家の売れにくい土地を売る方法について

実家を引き継いで、土地など不動産を所有している方も大勢います。

 

不動産といっても様々な状態のものがあり、例えば土地の上に住宅が建てられている状態や、既に取り壊しを行って更地の状態になっている場合もあります。

 

以前は実家として両親などが居住していた住宅で、建て替えや新しくリフォームなどを行っている状態であれば、そのまま賃貸用として貸し出すこともでき、売却もできます。

 

しかし、実家の状態が著しく古かったり、売れにくい土地として更地の状態であれば、売ることに関しては面倒になる一面があります。

 

一般的には土地を売る方法としては不動産会社に仲介業務を依頼することになります。

 

しかし、売れにくい土地の場合では、長期的に待っていても売ることができずに困っている方も存在しています。

 

このケースでは不動産に対して見直しを行うことが良い方法になり、例えば老朽化の激しい住宅が建っている場合では、解体を行った上で更地として売却する方法もあります。

 

また、元々が更地の状態で売れにくい土地となっている場合では、長い期間にわたって放置していることで、土地の見た目が悪くなっている可能性もあります。

 

例えば草刈りを行ったり、散乱しているゴミなどを回収して見栄えを良好にすることで売れる可能性があります。

 

不動産会社に依頼をした場合でも、不動産会社の能力というものも問題になります。

 

得意分野というものを持っている場合もあり、売れない場合では他の不動産会社に変更してみる方法も一つの解決策です。

 

大きな要因になることが、設定している価格に問題が生じている場合も見られます。

 

このケースでは柔軟な発想で価格を下げて売る方法で早期に売却できる可能性が高まります。

 

土地の面積に起因している場合も見られます。

 

あまりに広い面積の場合では売れない可能性が高まることになり、この場合では土地を分割して売る方法で問題をクリアすることができます。

 

複数の不動産会社に査定を依頼する方法もあり、この場合では販売に自信を持つ不動産会社が現れる場合が多々あります。

 

 

⇒【遺産相続】親の面倒を見ているアナタが不幸にならないために...

PAGE TOP



【スポンサードリンク】