実家の売れない家を売る

遺産相続の無料相談はこちら

実家の売れない家を売る方法とは

最近では空家が大きな社会問題になっていますが、現在住んでいる自宅ではなく実家の管理にお困りの方は少なくないでしょう。

 

実家には既に誰も住んでいなかったり、両親と同居を始めるため近々誰も住まなくなる場合は、売るという選択肢を選ぶこともあるでしょう。

 

実家を売るために不動産会社を探して媒介契約を締結しても、なかなか売れないというケースが少なくありません。

 

築年数が古くなっていたり不便な場所にある住宅は、余程の付加価値がないと売れないでしょう。

 

売れない家をいつまでも所有していても、固定資産税等の維持費は支払い続けなければなりません。

 

売れない家の処分に困った時は、どのようにして売るのかを考える必要があります。

 

売れない家の販売方法

簡単な方法は売り出し価格を下げるという方法ですが、両親の大切な財産である住宅ですから少しでも高く売りたいというのが本音でしょう。

 

まずは、不動産会社を変えてみるというのも一つの方法と言えます。

 

現在媒介契約を結んでいる不動産会社で反響が得られない場合は、別の不動産会社を探してみましょう。

 

地域で評判が良くて多くの物件を取り扱っている会社なら、売れない原因を考えて様々な提案をしてくれるはずです。

 

一部の人だけが目にする物件情報誌だけに掲載しているようでは、買い手が見つかるまでに時間がかかるでしょう。

 

インターネットに掲載して、より多くの人の目にとまるような方法でなければ、いつまでも売れない家のまま時間だけが過ぎてしまいます。

 

広告だけでダメな場合はリフォームで

広告を増やしても反響がない場合は、リフォームを実行するという方法もあるでしょう。

 

外壁を塗り替えたり室内を綺麗にすれば、マイホームを探している若い夫婦に売れる可能性が出てきます。

 

リフォームにかかった代金を上乗せして売りに出しても、魅力的な物件であれば下見に来る人の数も増えるでしょう。

 

後は印象を良くするために住みたいと思ってもらえるように工夫を施します。

 

広い庭があればガーデニングができることをアピールポイントにするのもいでしょう。

 

 

⇒【遺産相続】親の面倒を見ているアナタが不幸にならないために...

PAGE TOP



【スポンサードリンク】